スポンサーリンク
Linux Tips

Linux:catコマンドで連続する空白行をまとめる方法

catコマンドで連続する空白行をまとめる方法 catコマンドで連続する空白行をまとめるには-sオプションを指定します。 オプションの説明 -s, --squeeze-blank suppress repeat...
Linux Tips

Linux:catコマンドで複数ファイルを結合する方法

catコマンドで複数ファイルを結合する方法 例えば、以下のファイルを結合したいとします。 $ cat a.txt 1 2 $ cat b.txt 3 4 $ cat c.txt 5 6 引数に複数ファイルを指定してリダ...
Linux Tips

Linux:lessコマンドをtail -fとして使用する方法

lessコマンドをtail -fとして使用する方法 lessコマンドでは実行後にF(Shift+f)キーを押すことでtail -fのように更新されたデータも表示することができます。この状態からはCtrl+cキーで抜けることができます。 ...
Linux Tips

Linux:catコマンドで行番号を表示する方法

catコマンドで行番号を表示する方法 catコマンドで行番号を表示するには-nオプションを指定します。 オプションの説明 -b, --number-nonblank number nonempty output ...
Linux Tips

Linux:lessコマンドで実行後にオプションを変更する方法

lessコマンドで実行後にオプションを変更する方法 lessコマンドでは以下のようにして実行後にオプションを変更することができます。 マニュアルの説明   -<flag> Toggle a c...
Linux Tips

Linux:lessコマンドで複数ファイルを閲覧する方法

lessコマンドで複数ファイルを閲覧する方法 lessコマンドで複数ファイルを閲覧するには引数に複数ファイルを指定します。 $ less README.md prompt.c prompt.h マニュアルの説明   :e ...
Linux Tips

Linux:lessコマンドでマークした任意の位置に移動する方法

lessコマンドでマークした任意の位置に移動する方法 lessコマンドではm<letter>でマークした位置に'<letter>で移動することができます。 例えば、40行目にカーソルがある状態でmaキーを押し...
Linux Tips

Linux:lessコマンドで指定行、指定位置に移動する方法

lessコマンドで指定行、指定位置に移動する方法 lessコマンドで指定行に移動するには行数を入力した後でgキーを押します。例えば、300gと押すと300行目に移動できます。 また、指定位置(全体に占める割合)に移動するには数値を入...
Linux Tips

Linux:lessコマンドでファイル名、全体行数、位置を表示する方法

lessコマンドでファイル名、全体行数、位置を表示する方法 lessコマンドでファイル名、全体行数、位置を表示には-Mオプションを指定します。 オプションの説明   -m -M .... --long-prompt ...
Linux Tips

Linux:lessコマンドで検索パターンにマッチした行のみを表示する方法

lessコマンドで検索パターンにマッチした行のみを表示する方法 lessコマンドでは/キーで前方検索、?キーで後方検索ができますが、&キーを使うと検索パターンにマッチした行のみを表示することができます。 マニュアルの...
スポンサーリンク