Vim:場所をマークして移動する方法

スポンサーリンク

手動マーク

Vimのマークを使うとドキュメント内で気になるところに簡単に戻ることができます。

マークの設定方法は以下のとおりです。

  • m{a-z}:個々のバッファにローカルなマークを設定
  • m{A-Z}:グローバルにアクセス可能なマークを設定

マークへの移動方法は以下のとおりです。

  • ‘{mark}:設定された行の最初の非空白文字に移動
  • `{mark}:マークが設定された場所に移動

例えば、マークしたい場所でmaキーを押して、その後`aキーを押すとその場所に戻ることができます。

自動マーク

Vimが自動的に設定してくれるマークは以下のとおりです。

キーバッファの内容
''現在のファイルで直前に行われたジャンプ以前にいた場所
'.直前に変更された場所
'^直前に挿入があった場所
'[直前に変更もしくはヤンクが行われた先頭
']直前に変更もしくはヤンクが行われた末尾
'<直前のビジュアルな選択範囲の先頭
'>直前のビジュアルな選択範囲の末尾

マーク一覧の確認

現在のマークの一覧を確認するには:marksコマンドを実行します。