Linux:diffコマンドで横並びで差分を表示する方法

スポンサーリンク

diffコマンドで横並びで差分を表示する方法

diffコマンドで横並びで差分を表示するには-yオプションを指定します。

 

オプションの説明

  -y, --side-by-side            output in two columns
  -W, --width=NUM               output at most NUM (default 130) print columns
      --left-column             output only the left column of common lines
      --suppress-common-lines   do not output common lines

 

-yオプションを指定した場合

$ diff -y test1.txt test2.txt
apple                                                           apple
banana                                                        | grape
orange                                                          orange
lemon                                                         | mango
peach                                                         <

 

-yオプションを指定しない場合

$ diff test1.txt test2.txt
2c2
< banana
---
> grape
4,5c4
< lemon
< peach
---
> mango

 

-Wオプションで画面幅を設定できます(デフォルトは130)。

$ diff -y -W 60 test1.txt test2.txt
apple                           apple
banana                       |  grape
orange                          orange
lemon                        |  mango
peach                        <

 

–left-columnオプションを指定すると共通行は左側にのみ表示されます。

$ diff -y -W 60 --left-column test1.txt test2.txt
apple                        (
banana                       |  grape
orange                       (
lemon                        |  mango
peach                        <

 

–suppress-common-linesオプションを指定すると共通行を非表示にできます。

$ diff -y -W 60 --suppress-common-lines test1.txt test2.txt
banana                       |  grape
lemon                        |  mango
peach                        <