Vim:recordingを解除する方法

スポンサーリンク

recordingを解除する方法

Vimのステータス行に

recording @q

などと表示されているのを解除したい場合は q を押すと解除できます。

recordingとは

recording が表示されているときはマクロを記録しています。
繰り返し行われる作業を自動化したいときなどに使うと便利です。

マクロの使い方はヘルプでは以下のように説明されています。

  1. q{register}” コマンドを実行する。指定したレジスタ {register} へのキー入力の記録が開始されます。レジスタ名は a から z のいずれかです。
  2. コマンドを入力して編集する。
  3. q を押して記録を終了する  (レジスタの指定は必要ない)。

記録したマクロは “@{register}” コマンドで実行できます。

例えば、qaAtest<ESC>q という行末に test という文字列を追加するマクロを記録します。
そして別の行で @a を押すと記録したマクロを実行できます。
10@a などとすると指定した回数繰り返すことができるので便利です。