スポンサーリンク
React Tips

React:create-react-appのテンプレート一覧を検索する方法

create-react-appのテンプレート一覧を検索する方法 create-react-appのテンプレート一覧を検索するにはcra-template-でnpmを検索します。 Webで検索する場合(下記リンクは人気順) ...
React Tips

React:create-react-appでテンプレートをTypeScriptにする方法

create-react-appでテンプレートをTypeScriptにする方法 create-react-appでテンプレートをTypeScriptにするには--template typescriptオプションを指定します。 ...
Git Tips

Git:ブランチ名をmasterからmainに変更する方法

ブランチ名をmasterからmainに変更する方法 masterで作成した後でブランチ名をmainに変更するには以下のようにします。 $ git branch -a # ブランチ名の確認 * master remote...
Git Tips

Git:git restoreコマンドで対話的(インタラクティブ)に元に戻す方法

git restoreコマンドで対話的(インタラクティブ)に元に戻す方法 git restoreコマンドで対話的(インタラクティブ)に元に戻すには-pオプションを指定します。 オプションの説明 -p, --patch ...
Git Tips

Git:git restoreコマンドでステージングを取り消してワークツリーを元に戻す方法

git restoreコマンドでステージングを取り消してワークツリーを元に戻す方法 git restoreコマンドでステージングを取り消してワークツリーを元に戻すには-Wオプションと-Sオプションを指定します。 オプションの...
Git Tips

Git:git restoreコマンドでファイルを特定コミットまで戻す方法

git restoreコマンドでファイルを特定コミットまで戻す方法 git restoreコマンドでファイルを特定コミットまで戻すには-sオプションを指定します。 オプションの説明 -s <tree>, --...
Git Tips

Git:git restoreコマンドでステージングを取り消す方法

git restoreコマンドでステージングを取り消す方法 git restoreコマンドでステージングを取り消すには-Sオプションを指定します。 オプションの説明 -W, --worktree, -S, --stage...
Git Tips

Git:git stashコマンドで退避したエントリーの差分を確認する方法

git stashコマンドで退避したエントリーの差分を確認する方法 git stashコマンドで退避したエントリーの差分を確認するにはshowサブコマンドで-pオプションを指定します。 オプションの説明 show ...
Git Tips

Git:git stashコマンドですべてのファイル(未追跡と無視ファイル含めて)を退避する方法

git stashコマンドですべてのファイル(未追跡と無視ファイル含めて)を退避する方法 git stashコマンドですべてのファイル(未追跡と無視ファイル含めて)を退避するにはpushサブコマンドで-aオプションを指定します。 ...
Git Tips

Git:git stashコマンドでUntracked files(未追跡ファイル)も退避する方法

git stashコマンドでUntracked files(未追跡ファイル)も退避する方法 git stashコマンドでUntracked files(未追跡ファイル)も退避するにはpushサブコマンドで-uオプションを指定します。 ...
スポンサーリンク