Vim:水平分割と垂直分割を切り替える方法

スポンサーリンク

水平分割と垂直分割を切り替える方法

水平分割から垂直分割に切り替えるには CTRL + w t を押してから CTRL + w H を押します。

垂直分割から水平分割に切り替えるには CTRL + w t を押してから CTRL + w K を押します。

CTRL + w t はカーソルを一番左上のウィンドウに移動します。

CTRL + H と CTRL + K はヘルプでは以下のように説明されています。

CTRL-W_H
カレントウィンドウを最左列に移動し、高さを最大にする。これは、カレントウィンドウを閉じ、それから “:vert topleft split” で別のウィンドウを作るのと同様で、違いは新しいウィンドウにカレントウィンドウの中身が使われるということだけである。
{+vertsplit 機能なしでコンパイルされた場合は使用できない}
CTRL-W_K
カレントウィンドウを最上段に移動し、幅を最大にする。これは、カレントウィンドウを閉じ、それから “topleft split” で別のウィンドウを作るのと同様で、違いは新しいウィンドウにカレントウィンドウの内容が表示されるということだけである。